女性のための体臭ケア石鹸口コミ比較ランキング

デリケートゾーンの臭い対策!効果的な体臭ケア石鹸

デリケートゾーンの臭い対策に効果的なケア方法や石鹸は?

ムレやすいデリケートゾーンは、特に生理前後になると臭いが強くなりやすく、気にしている女性も実は多いものです。
誰でも簡単に取り入れられるケア方法や、におい対策に有効な石鹸などをまとめました。

なぜデリケートゾーンが臭うの?原因と正しい対処法

嫌なニオイの原因は「雑菌」だった!

デリケートゾーンの臭いの原因は「雑菌の繁殖による老廃物」です。

雑菌は誰にでも付着しているものですが、下着の中の温度と湿度が高くなることで、雑菌が活発になりやすい環境が作られています。

そして、尿や汗、おりもの、経血、皮脂・垢などのタンパク質を餌に増殖して老廃物を排出し、さらに古い角質なども混ざり合うことで、嫌なニオイを発生させているのです。

しかも、デリケートゾーンは脇の下と同様に「アポクリン汗腺」が多く、雑菌にとって栄養満点の汗を分泌しているため、より臭いが発生しやすくなっています。

デリケートゾーンの臭いケアをするためには、この雑菌の対策をしっかりと行う事が非常に大切です。

下着と石鹸を工夫すれば、臭いは解消できる!

下着の中は、尿や汗、膣分泌物、経血など様々な液体によって湿度が高まりやすいため、雑菌の繁殖に最適です。

デリケートゾーンのニオイ対策ではまず、通気性の良い下着を着用するように心がけましょう。

安くてかわいい下着には化学繊維が多く使用されていますが、通気性重視で選ぶ場合はシルクやコットンなどの天然素材を使用するのがベストです。

また、嫌なニオイを防ぐためには何よりも、清潔を保ち、雑菌の数を増やさないことが必要不可欠です。

女性のデリケートゾーンはただでさえ雑菌が繁殖しやすい上に、構造上汚れが溜まりやすくなっています

お湯に浸かったりシャワーをかけるだけでは取り除けないため、泡立てた石鹸で優しく念入りに外側を洗うようにしましょう。

ただし、デリケートゾーンはその名の通り、体の中でも特に繊細な部位であるため、普通のボディーソープでは刺激が強すぎてしまいます。

刺激が強いと肌荒れが起こる可能性があるほか、必要な菌まで取り除いてしまうことで今よりも臭いを強める危険性もあります。

洗浄力はしっかりとしており、かつ低刺激で作られているデリケートゾーン専用のケア石鹸を使うのが安心です。

安心・安全に使える人気のデリケートゾーン用石鹸は?

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュ
単品価格(税込)
7,538円4,299円
(定期コース割引あり)
内容量
150ml
送料・手数料
648円
割引
定期コース初回4,298円(2回目以降も35%OFF)
※いつでも休止OK
返金保証
なし

アンボーテ フェミニーナウォッシュの特徴

住谷杏奈さんがプロデュースしているデリケートゾーン用石鹸で、楽天フランス・アメリカでも1位を獲得している人気の高い製品です。

使用成分の98.1%が天然由来で、そのうち約半分は世界基準COSMOSの認定を受けるオーガニック原料を使用しています。

自社実験では、アンボーテ不使用時よりも使用時の方が圧倒的に臭いレベルが減少しており、デリケートゾーンのニオイケアとして信頼できる結果を出しています。

しかも、ダマスクローズ、エーデルワイス、エルダーフラワーなど美容・保湿成分をたっぷりと配合しており、くすみや黒ずみ対策にも効果を発揮する点も女性に嬉しいポイントです。

バスルームに置いてあっても可愛いデザインなので、家族と住んでいる方や、お友だちや彼氏が自宅に泊まりに来た時でも安心です。

シークレットレディジャムウソープ

シークレットレディジャムウソープ
単品価格(税込)
2,138円
内容量
100g
送料・手数料
210~500円(定期コースは無料)
割引
定期コース138円OFF
返金保証
なし

シークレットレディジャムウソープの特徴

デリケートゾーン専用石鹸の中でも、コストパフォーマンスの高さで支持を得ている製品です。

古来より伝わるインドネシアの民間伝承薬「ジャムウ」のほか、ニオイ対策として効果的なサトウキビ、茶葉、柿タンニンのエキスも配合しており、植物の力で優しくしっかりと悩みを改善します。

さらに、黒ずみ、ムダ毛、引き締め、フェロモンへの効果もあり、1つで5役を叶える逸品です。

体臭ケア目的だけだとなかなか手に取りにくいですが、女子力アップにも繋がるとあって幅広い世代の女性に選ばれています。

高い効果を持ちながらも費用は安く、毎日使っても1日約71円と非常に経済的なのも助かります。

デリケートゾーンだけでなく脇、足、肘・膝などボディなら全身どこでも使えるので、石鹸の使い分けが面倒という方にも便利です。

イビサソープ

イビサソープ
単品価格(税込)
6,264円
内容量
140ml
送料・手数料
360円(定期コースは無料)
割引
定期コース初回4,298円(2回目以降も35%OFF)
返金保証
定期コースは28日間返金保証あり

イビサソープの特徴

東京で人気のブラジリアンワックス脱毛サロン「Ibiza Wax」が開発した、医薬部外品デリケートゾーン用石鹸です。

タレント紅蘭さんも推薦する実力派で、実際のお客様1000人以上の声を元に商品が作られています。

国に効果が認められた2種類の有効成分を配合していますが、アミノ酸系洗浄成分なので皮脂を取り過ぎずに優しく洗えます。

肌荒れ対策や美肌ケアにもなる成分もたっぷり入っているので、潤いや透明感、ハリ、くすみ除去も期待できます。

より高い効果を求める方や、石鹸だけでは防ぎきれなかった方は、同シリーズのデオドラントミストも併せて使用するのがオススメです。

汗と菌の繁殖を抑える2つの薬用成分が、長時間の外出する時も嫌なニオイを防いでくれます。

LCジャムウ・ハーバルソープ

LCジャムウ・ハーバルソープ
単品価格(税込)
2,046円
内容量
68g
送料・手数料
450円(合計5,000円未満の場合)
割引
なし(プレゼントあり)
返金保証
なし

LCジャムウ・ハーバルソープの特徴

女性のデリケートな悩みを解決する通販店として有名な、Love Cosmeticsが販売しています。

デリケートゾーンの臭いケア石鹸として知名度が高く、VoCEやViViなど様々な女性誌でも紹介されています。

ジャムウは日本人女性の肌に合う様に改良されており、より安心して効果を感じられる配合を実現しています。

石鹸は1点1点全てハンドメイドで作られるこだわりで、無駄な成分は使っておらず、自然派を好む女性にピッタリです。

また、顔から足先まで全身に使用でき、黒ずみ対策にもなるので、ニオイだけでなくより綺麗な肌を作りたいという女性にも選ばれています

原料選びから開発・製造、発送、アフターケアまで全て自社で行っており、サービス面では女性による女性のための嬉しい配慮がたくさんあるのも特徴です。

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸
単品価格(税込)
1,944円
内容量
150ml
送料・手数料
無料
割引
なし
返金保証
なし

コラージュフルフル泡石鹸の特徴

皮膚科医も勧める敏感肌用石鹸として有名な、持田ヘルスケアのコラージュシリーズです。

「女性に寄り添うスキンケアシリーズ」として、デリケートゾーンのニオイケアができる泡石鹸を販売しています。

日本で初めて殺菌成分と抗真菌成分を配合した医薬部外品で、ニオイの原因をしっかり抑制し、いつでも清潔な状態を作ります。

泡立てる必要が無く、ワンプッシュで優しく洗える簡単さも女性に支持されています。

デリケートゾーンだけでなく、脇や足の臭い予防としても効果を発揮するため、全身ケアにも最適です。

リピーター用には倍量の300mlや詰め替え用も販売されているため、コストパフォーマンスに優れている所も嬉しいポイントです。

意外と知らない!デリケートゾーンが臭いやすい人の特徴

ストレスや疲れが溜まっている

デリケートゾーンのニオイは雑菌の繁殖によって起こりますが、通常は乳酸菌の一種である「デーデルライン桿菌」が雑菌を取り除いてくれるため、強いニオイには至りません。

しかし、体の免疫力が低下するとデーデルライン桿菌の働きが弱まってしまうため、デリケートゾーンの環境が悪くなり、ニオイが強くなってしまいます。

ストレスが溜まっていたり、ゆっくり休めず疲れが溜まっている時は、特に雑菌が繁殖しやすくなっていますので、デリケートゾーンのニオイケアはしっかり行う事が大切です。

よく便秘や下痢になる

便秘や下痢などのお通じの悩みを持っている人は、腸内環境が整っていないことが考えられます。

腸内環境が悪い場合、大腸菌や黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などの病原菌が膣内に入りやすいと言われています。

そのため、膣内の雑菌の総数が増えてしまい、デリケートゾーンのニオイが発生する原因となるのです。

洗浄便座頻繁に使う、おりものシートを変える回数が少ない

トイレについている洗浄便座をよく使用している人は、本来必要な菌まで洗い流してしまい、それに拮抗するために雑菌が増殖することがあります。

また洗浄後に水分の拭き取りが不十分だと、ショーツ内の湿度が高まり、雑菌が繁殖しやすい環境になることでニオイを発生させます。

清潔を保つことは非常に大切ですが、洗浄便座はあまり頻回行わないよう注意しましょう。

また、おりものシートやナプキンを変える回数が少ない人も、通気性が悪くムレやすくなっているため、デリケートゾーンが臭いやすくなります。

抗生物質を服用する

病気にかかった時、病院で抗生物質を処方される事がありますが、頻繁に使用しているとデリケートゾーンの臭いに繋がる可能性があります。

抗生物質は「細菌」を倒すための薬であり、体の様々な場所に普段から存在している菌(常在菌)まで減少させてしまいます。

すると、細菌のバランスを保とうと急激に増殖してしまい、結果的に膣内の最近まで増やしてしまう事があるのです。

よく「具合が悪くなったら、自宅に余っている抗生物質を飲む」という方がいますが、デリケートゾーンのニオイを強めたり、また体内で耐性菌(抗生物質が効かない細菌)を増やす事にもなりますので、絶対にやめましょう。

デリケートゾーン用石鹸の選び方

医薬部外品or化粧品で選ぶ

配合成分で最も大きな違いは、医薬部外品(薬用)の石鹸であるかどうかです。

医薬部外品とは、いわば化粧品と医薬品(いわゆる薬)の中間にあたる存在で、目的に対して効果のある成分が配合されていると認められた製品だけが使用できる表示です。

医薬品よりも効果は強くありませんが、代わりに副作用も少ないため、市販されても安全に使えることがほとんどです。

「よりしっかりと効果を感じたい!」「普通の体臭石鹸では変化が感じられなかった」という方は、医薬部外品のデリケートゾーン用体臭石鹸を選ぶと良いでしょう。

ただし、使用している成分が医薬部外品として認められるためには、厚生労働省の審査が必要となり、その手続きには長い時間とお金を要します。

そのため、「デリケートゾーンのニオイケアに効果はあるが、医薬部外品としての申請はしていない」という場合もありますので、一概に化粧品の石鹸が良くないという訳ではありません。

費用的にも、医薬部外品のデリケートゾーン用石鹸の方が、化粧品に比べて高価な事が多いため、コストパフォーマンスや口コミなどを併せて総合的に考えましょう。

石鹸の形状の違い・特徴で選ぶ

デリケートゾーン用だけでなく、石鹸は形状によって特徴や利便性が異なるため、好みが分かれる部分でもあります。

また、石鹸の形状の違いは製造上の手間の違いにもつながる事から、費用や洗浄力などに対しても違いがあります。

それぞれの違いが分かると、どの体臭ケア石鹸を選べば良いのか考えやすくなりますので、ぜひ覚えておきましょう。

固形石鹸

丸や四角の形に固められた固形石鹸は、石鹸素地をベースとしているため界面活性剤などの添加物を使用していないものが多く、ナチュラル派の方に選ばれる傾向にあります。

製造コストがそれほどかからないという点から、石鹸の種類別で考えると、お手頃価格で購入できるというメリットもあります。

固形石鹸は成分が外に露出していることから、ホコリの付着など衛生面が気になる方は蓋つきケースを使用すると良いでしょう。

また、濡れたままにしておくと表面に雑菌が繁殖しやすいため、使用後は湿気が少なく風通しの良い所で乾燥させてください。

液体石鹸

シャンプーやボディーソープのように液体状になっている石鹸は、固形石鹸に比べて泡立てやすく、使い勝手が良いのがメリットです。

また、ポンプ式やチューブタイプで販売されているため、適量が出しやすく、一度出した石鹸が中に戻らないので衛生的です。

ただし、液体石鹸は泡立ちの良さを実現するために、界面活性剤などの添加物が使用されていることもありますので、気にされる方は成分をしっかり確認した方が良いでしょう。

洗浄力は固形石鹸に比べてやや劣る所がありますので、デリケートゾーン用の液体石鹸で満足できなかった方は、固形石鹸へ切り替えるというのも1つの手です。

泡石鹸

ポンプを押すと、既に泡になった状態で石鹸が出てくるので、固形石鹸や液体石鹸のような泡立てる手間がなく、利便性に優れています。

特に、デリケートゾーン用のように部分洗いをしたい石鹸は、いちいち泡立てるのが面倒だという声も多いですが、泡石鹸ならワンプッシュですぐ洗えます。

しかも、手で石鹸を泡立てるとどうしても泡にムラができやすいですが、既にきめ細かい状態で出てくるため、隅々までしっかりと洗えます。

泡石鹸が販売されるようになったのはここ数年のことで、製造されている商品数もそれほど多くないので、選択肢が絞られてしまうというのがデメリットでもあります。

オイル石鹸

クレンジングなどで一般的になってきたオイルタイプの石鹸は、肌との馴染みが良いため、洗浄による負担が少ないというメリットがあります。

また、オイル自体に保湿効果があるため、必要な潤いは残したまま汚れを取り除けるという利点もあります。

ただし、他の石鹸のように泡立てて使用するのではなく、オイルを直接塗布するため、しっかりすすがないと滑りが残ってしまいます。

体臭ケア石鹸としても、オイルタイプで販売されている製品はごく僅かなので、出会えたらラッキーという種類です。

予算・価格帯で選ぶ

デリケートゾーン用の石鹸は、体臭ケア効果を重視して開発されているため、市販されているボディーソープに比べて少々値が張るアイテムも多くあります。

体臭をしっかりと抑えるためには、毎日続けて石鹸を使用する必要がありますので、価格はしっかりと検討したいポイントの1つです。

この時に注意したいのは、単に価格だけを見るのではなく、内容量と比較して選ぶということです。

石鹸は製品によって内容量が異なりますので、1mlまたは1gあたりの価格で比較をすると、どちらの方がコストがかからないのかを明確に算出することができます。

また、基本的には単品購入よりも定期コース購入の方が割安になりますので、より安く購入したいという方は、回数制限や返金保証などのサービスも確認しておくと、定期でも購入しやすいでしょう。

↑PAGE TOP